11月の新作石けんのお知らせ

f:id:pastel-caree:20181031091541j:plain

11月3日より販売開始の新作石けんのご紹介です。

月一回程度のメルマガ配信で新作のお知らせをしています。先号より、写真付きで編集しています。登録アドレスを自動で移行できず手動入力したため漏れがあるかもしれません。「登録しているのに届いていない」お客様はご連絡くださいませ🙇‍♀️

以下、メルマガより抜粋になります。メールマガジン配信のご登録はこちらからどうぞ。

・・・・・・・・・・

☆10月6日㈯販売商品ラインナップ☆

レシピ№ごとの特徴についてはこちらの記事をご参照ください

レシピ№7:ククイナッツオイル配合
洗顔◎・ボディー◯・シャンプー ◎ :約75g 1,500円
優しさナンバーワン、冬季限定販売のククイナッツオイル配合の石けん。ククイナッツオイルは、敏感肌のスキンケアに最適な高級美容オイルです。ウッド系をベースにローズを合わせた香り。上品な香りが清楚なホワイト系のデザインによく似合っています。

レシピ№2:マカダミアナッツオイル85%
洗顔◎・ボディー◯・シャンプー△ :約80~85g 1,640円
”美容オイルの塊”マカダミアナッツオイル85%とシアバター、キャスターオイルの石けん。 freesiaでお馴染みの、柑橘系とイランイランを合わせた瑞々しい香りです。表面から側面へとスワール模様を流し込んで作るデザインは、夏季や冬季には美しい仕上がりになりにくくなるため、久々の作成になりました。

レシピ№4:アボカドオイルベース+レシピ№8:カロチーノプレミアムオイル配合
洗顔◎・ボディー ◎・シャンプー ◎:約85g 1,570円
マカダミアナッツオイルベースの石けんとアボカドオイルベースの石けんで交互に4層に仕上げたデザイン石けん。はちみつの配合でもっちりとした泡立ちです。なめらか&ふんわり&モコモコ!甘さを抑えたフレッシュなオレンジの香り。

レシピ№4:アボカドオイルベース
洗顔◎・ボディー◯・シャンプー ◎ :約70g 1,350円
肌に髪に、低刺激で優しいアボカドオイルの石けん。ハーブ系に柑橘系をブレンドした、すっきりと上品な香りです。こちらもスワールを側面まで流し込んだデザイン、写真の2点のみの販売になります。

レシピ№9:マルセイユ石鹸
洗顔◎・ボディー ◎・シャンプー ◎:約100g 1,000円
ホホバオイル配合の マルセイユ石鹸洗顔はもちろん、これからの季節はボディー使用にもおすすめ。乾燥肌の方でも、ボディーローションなどでの全身のお手入れが不要になります。オリーブオイル72%のまったりとした泡質です。人気のローズの香り。

*引き続き販売中の石けんは全て在庫数2個以下になっています。お取り置き購入で新作との同梱発送ができますのでご利用下さい。( innocent, freesia, roses bouquet)

*販売中の石けんと新作石けんの使用感を”しっとり→さっぱり”に並べると、
white rose>freesia,mauve border,orange border>green swirl>innocent>roses bouquet,rose au lait>

☆ハーフサイズ、お試しサイズも追加販売中です☆

********

☆商品レビューはこちらからどうぞ。レシピごとに掲載しています。

「肌がつっぱらない」「肌色が明るくなる」「化粧水や乳液の使用量が減り、浸透も良い」「ニキビができなくなる」「肌の保湿力が高まる」「毛穴が目立たなくなる」など、基本的な特徴はどのレシピでも変わりません。コールドプロセス製法の石けんをご使用になったことの無い方はこちらの記事のご一読をおすすめします。

 

「いろいろな石けんがあるけれど、どんな違いがあるの?」_それぞれのオイルレシピと特徴について(一部準備中)

*10月30日:更新しました→7.ククイナッツオイル、8.カロチーノプレミアムオイル

使用オイルの配合率などが異なる、様々なレシピの石けんの使用感についてまとめてみました。

パステル・カレの石けんは全てコールドプロセス製法で作成した石けんです。*1
さっぱりするのにしっとりする”コールドプロセスの石けんは原料オイルそのものの良さが最大限に引き出された美容オイルの塊のような石けんです。基本的には肌質を選びませんが、使用感に微妙な違いがあります。

オイルの性質が肌に浸透しやすい石けんは濃厚な泡立ちで比較的角質除去に向く傾向があり、さらっとした質感のオイルはふんわりとした泡質で優しい使用感になる傾向があります。
同じレシピでも、泡立てネットに含ませる水分の量で微調整ができます。水分を多く含ませるとマイルドになり、水分をしっかりと切るとさっぱりとした使用感になります。

*次の順に「しっとりタイプ」~「ややさっぱりタイプ」になります(感じ方には個人差があります)
ククイナッツオイル配合ヘーゼルナッツオイルベースアボカドオイルベースマカダミアナッツオイル85%カロチーノプレミアムオイル配合スイートアーモンドオイル85%ベストバランスソープマカダミアナッツオイル65%マルセイユレシピスタンダードレシピ(酒粕・はちみつ)>スタンダードレシピ(メンソール・クレイ
・全て洗顔用として作成しています。(ボディー用に固めの仕上がりでややさっぱりタイプのレシピ構成にしても原料コストが殆ど変わらないため)

1.さっぱりなのにしっとり[スタンダードレシピ]

洗顔◎・ボディー◎・シャンプー◯ 使用オイル:オリーブオイル・シアバター・グレープシードオイル・パームオイル・ココナッツオイル・ココアバター(夏季のみ使用)・ラード(一部のレシピに使用)

オリーブオイルベースのスタンダードレシピの石けん。コールドプロセスの石けんとしては比較的硬さがありますが、オレイン酸含有率の高いシアバターを多く配合した保湿力の高いレシピです。(ココナッツオイルやパームオイルだけで硬めの石けんを作ると、比較的さっぱりとした使用感になります)

・クレイ配合
クレイ配合の石けんはとろんとした感触の独特な泡質になります。石けんに配合可能なクレイの量には限界がありますので、特別さっぱりタイプにはなりませんが、モンモリロナイトクレイ配合の石けんは特に人気があります。*2

酒粕・はちみつの配合 *夏季は販売休止
糖質を含むオプションを配合するともっちりとした泡立ちの良い石けんになります。保湿力も高くしっとりと洗い上がる石けんを好まれる方に人気があります。ラード配合のタイプはさらに保湿力が高くなります。

・メンソールクリスタル配合 *夏季のみの販売
固形のメンソールを砕いてそのまま石けんタネに入れています。すーっとした清涼感があり、毛穴がきゅっと引き締まります。清涼感が気持ちよく、リピート購入率の高い石けんです。

▶商品レビュー:スタンダードレシピの石けん 


2.美容オイルの塊[マカダミアナッツオイルベースの石けん]

マカダミアナッツオイル85% 洗顔◎・ボディー△・シャンプー△ 使用オイル:マカダミアナッツオイル・シアバター・キャスターオイル *夏季は販売休止

マカダミアナッツオイルの石けんはすべるような感触のなめらかな泡立ちが特徴です。摩擦の少ない優しい泡洗顔ができ、使用感が特に気持ちの良い石けんです。シアバターだけで硬さを出したレシピは、クリーム状のしっかりとした泡立ちになります。マカダミアナッツオイルはパルミトレイン酸の含有率が高いオイルで、肌の老化防止に有効と言われています。石けんの場合は洗い流してしまいますのであまり意味は無いかと思いますが、コールドプロセス製法の石けんでは原料オイルの10%前後を鹸化させずにそのまま残すため、この余剰オイルが洗顔後の肌を薄く覆います。マカダミアナッツオイル、シアバター、キャスターオイルだけで作られた石けんは美容オイルの塊のような贅沢な石けんです。柔らかい質感になりますので夏季の販売は控えています。

マカダミアナッツオイル65% 洗顔◎・ボディー◯・シャンプー◎ 使用オイル:マカダミアナッツオイル・シアバター・ココナッツオイル・パームオイル

滑らかで優しい泡質は85%レシピ同様、硬めの仕上がりで泡立ちが豊かなタイプになります。暑い季節でも使いやすいマカダミアナッツオイルの石けんです。(最高気温が30度を超えるようになると、シアバターだけで硬さを出した柔らかめの石けんは減りが早くなります。一度に使われる石けんの量が多くなりますので、減りにくい硬めのレシピのほうが肌に優しくなるようです。)
夏季以外でも、85%レシピの柔らかい質感が気になる場合はこちらをお試しください。滑らかでふんわりとした泡質が気持ちの良い石けんです。

 ▶商品レビュー:マカダミアナッツオイルベースの石けん

 

3.さっぱりなのに超しっとり[ベストバランスソープ]

洗顔◎・ボディー△・シャンプー◎ 使用オイル:マカダミアナッツオイル・スイートアーモンドオイル・他*3

それぞれの植物オイルに含まれる不飽和脂肪酸の含有率を計算し、配合の比率が人間の肌と同じになるように調整したオイルレシピの石けんです。マカダミアナッツオイルとスイートアーモンドオイルをベースオイルに使っています。オレイン酸48%:リノール酸11%:パルミトレイン酸9%
しっとり感とさっぱり感のバランスの良さが実感できる石けんです。密度の濃い滑らかな泡質ながらもとても泡立ちが良く、肌が柔らかく洗い上がります。とても泡立ちが良いのでシャンプーにもおすすめです。

 ▶商品レビュー:ベストバランスソープ

 

4.低刺激で超しっとり[アボカドオイルベース]

洗顔◎・ボディー△・シャンプー◎ 使用オイル:アボカドオイル・オリーブオイル・グレープシードオイル・シアバター・ココナッツオイル・ラード・キャスターオイル

アボカドオイルは低刺激なオイルで、ベビーソープや敏感肌用の市販石けんに配合されることの多いオイルです。こちらのレシピではアボカドオイルをベースオイルとしてたっぷりと使用しています。また、グレープシードオイルを配合することでオレイン酸の含有率が多くなりすぎないように調整しています。(オレイン酸が多いとしっとりタイプの石鹸になりますが、配合バランスにより肌当たりがきつくなる場合があります)きめの細かい優しい泡質で、洗顔後の肌に手が吸い付くしっとり感があります。キャスターオイルを加えた、よりふんわりとした泡立ちのレシピです。シャンプー使用にも良い石けんで、比較的髪が柔らかめに洗い上がります。

 ▶商品レビュー:アボカドオイルベースの石けん

 

5.奇跡のつるつる石けん[スイートアーモンドオイル75%]

洗顔 ◎・ボディー△・シャンプー△ 使用オイル:スイートアーモンドオイル・シアバター・カロチーノプレミアムオイル(又はパーム核油) *夏季は販売休止

スイートアーモンドオイルをたっぷりと使った石けんは肌のキメを整える効果が非常に高く、つるつるっとした洗い上がりが特徴です。保湿成分の多いレシピですがさっぱり感があり、クレンジングや角質の除去にも向くようです。きめの細かいみっしりとしたクリーム状の泡立ち。黄色系のデザインはカロチーノプレミアムオイルの発色、その他の色の石けんはパーム核油使用で鉱物系色素による着色を施しています。

▶商品レビュー:スイートアーモンドオイル85%の石けん

6.冬の超乾燥肌に、さらりと軽い泡立ち[ヘーゼルナッツオイルベース]

洗顔◎・ボディー△・シャンプー△ 使用オイル:ヘーゼルナッツオイル・シアバター・ラード・パーム核油(旧レシピではヘーゼルナッツオイルとシアバターのみ) *夏季は販売休止

▶商品レビュー:ヘーゼルナッツオイルベースの石けん

7.優しさナンバーワン[ククイナッツオイル配合]

洗顔◎・ボディー△・シャンプー◎ 使用オイル:オリーブオイル・ククイナッツオイル・アボカドオイル・シアバター・ココナッツオイル(又はパーム核油)・ラード *11月~2月の冬季限定販売

ハワイに自生するククイの木から採取されるククイナッツオイルは、ベビーオイルや敏感肌、乾燥肌のケアなどに最適なさらっとした質感のオイルです。とても高価なオイルで、また、石けんのベースオイルには不向きな脂肪組成なので、10%くらいでもかなり贅沢な配合率になります。ベースオイルにはオレイン酸含有率の高いオリーブオイルやアボカドオイルが合うようです。当店ではオリーブオイルとアボカドオイルをベースに、ククイナッツオイル10%~20%の配合で作成しています。10%配合レシピでは、ココナッツオイルの代わりにパーム核油を使用することで、より低刺激で保湿力の高いレシピになっています。20%まで配合すると柔らかい石けんになりやすいので、ココナッツオイルを使います。使用感にあまり差は出てきませんが、パーム核油使用の10%配合のほうがより敏感肌に向くレシピになります。
モコモコの優しい泡立ち。当店のレシピの中でも最も保湿成分の多い石けんです。しっとりと洗い上がる優しい石けんほど柔らかい質感になりますので、浴室から出しておくように心がけてください。表面が湿っている状態で使用すると減りが早くなります。
ククイナッツオイルは酸化しやすいオイルなので、5月末までにお使いになるようにお願い致します。すぐにご使用にならない場合は、タッパーなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で保管して下さい。(他の石けんは常温保存して下さい。冷蔵庫保存で乾燥が進みすぎることがあります。)

▶商品レビュー:ククイナッツオイル配合の石けん

8.はちみつ入りのもくもく泡[カロチーノプレミアムオイル配合]

洗顔◎・ボディー△・シャンプー◎ 使用オイル:マカダミアナッツオイル(又はヘーゼルナッツオイル)・カロチーノプレミアムオイル・パーム核油(旧レシピではココナッツオイル使用)*夏季は販売休止

カロチーノプレミアムオイル(レッドパームオイル)を使った石けんはオイルに含まれるカロチン色素によって、鮮やかなオレンジ色の石けんになります。ベースオイルとして使うことはありませんが、パームオイルを使うよりも格段に使用感の優しい石けんになるので、それぞれのベースオイル特徴をよりよく引き出してくれます。
また、レッドパームオイルははちみつととても相性が良く、保湿力の高いきめの細かい泡立ちの石けんになります。はちみつは石けんに最良の配合オプションで、少量で使用感がアップします。ベージュ~赤茶色に発色するため淡い色のデザイン石けんには使えませんが、黄色~オレンジ色の石けんの色持ちを良くしてくれます。
*4

▶商品レビュー:カロチーノプレミアムオイル配合の石けん

 

9.はじめてのコールドプロセス石けんは[マルセイユレシピ]

洗顔◎・ボディー◯・シャンプー◎ 使用オイル:オリーブオイル・ココナッツオイル・パームオイル・ホホバオイル *夏季は販売休止

ホホバオイル配合のマルセイユ石けん、オリーブオイルを72%使用の比較的しっとりタイプの石けんです。ホホバオイルを加えることで、オリーブオイルの少し粘り気のある泡質を抑えています。一般的なマルセイユレシピよりも穏やかな使用感を感じられると思います。
ボディー使用やシャンプー使用にも使い勝手が良いので、他の石けんよりも低価格にしておりますが、洗顔用としても人気があります。

▶商品レビュー:マルセイユレシピの石けん

*「洗顔◎・ボディー△・シャンプー◯」などは春や秋の使用での目安になります。主に硬さや泡立ちを基準にしています。全て洗顔用として作成しており、特にボディー用としてのレシピはありません。(硬めのレシピにしても原料コストが殆ど変わらないため)シャンプー使用にはココナッツオイルやパーム核油配合のふんわりとした泡立ちの石けんが向きます。

[コールドプロセス製法の石けんについて]

「肌がつっぱらない」「肌色が明るくなる」「化粧水や乳液の使用量が減り、浸透も良い」「ニキビができなくなる」「肌の保湿力が高まる」「毛穴が目立たなくなる」など、基本的な特徴はどのレシピでも変わりません。コールドプロセス製法の石けんをご使用になったことの無い方はこちらの記事のご一読をおすすめします。

 [石けんシャンプーについて]
当店の石けんはどれもシャンプーとして使用できます。抵抗のある方が多いかと思いますが、頭皮の状態を改善することで髪が根本から健康になります。
トリートメントなどのヘアケア用品を使ってダメージを修復し続けることで髪の内部が弱ってしまうことがあります。やさしくかつしっかりと汚れを落とす良質な石けんで洗髪すると、子供の頃の髪質を取り戻すことが可能です。頭皮の皮脂の分泌が健全になると、新しく生えてくる髪はもちろん、髪全体にも艶が出てきます。どんなヘアケア製品よりも、自分の頭皮から分泌される油分が一番です。

石けんシャンプーについてはこちらの記事をご参考下さい。

 手作り石鹸でシャンプーする - pastel-carré’s diary

 *新作石けんの販売予定や概要はメルマガでも通知しています。メールアドレスのみで登録できますのでお気軽にどうぞ。新作販売のお知らせのみ、月一回程度の発刊です。https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01070686

f:id:pastel-caree:20180928131240j:plain

f:id:pastel-caree:20180928131246j:plain

*1:「コールドプロセス製法の手作り石けんとは」をご参考下さい

*2:クレイ配合の石けんについて「毛穴が目立たなくなった」というご感想をいただくことが多くありますが、良質な石けんで洗顔をすると肌のキメが揃い、毛穴などが目立たなくなります。特にクレイの作用ということはなく、どのレシピでも実感できるものです。

*3:*こちらのレシピは商品ページに使用オイルの全てを記載していません。マカダミアナッツオイルとスイートアーモンドオイルがベースになりますが、他に数種類のオイルを使用しています。かなり面倒な計算だったので、当たりをつけて真似されたくないな~という事情で伏せていますが、今までに使用したことのあるオイルのみの使用です。特に合わないオイルがあるなど、ご心配な場合は場合はお問い合わせ下さい。

*4:植物由来の色素は紫外線により退色するため、鉱物系の色材を使うことが多くなりますが、カロチン色素ははちみつを加えることでかなり退色しにくくなります。どの石けんにも、○色○号などと表記されるタール色素は一切使用していません。