9月の新作石けんの詳細[8月21日発刊メルマガより]

*今回の新作石けんは4種類、8月26日からの販売です。

f:id:pastel-caree:20170821070742j:plain

f:id:pastel-caree:20170821070803j:plain

「肌がつっぱらない」「肌色が明るくなる」「化粧水や乳液の使用量が減り、浸透も良い」「ニキビができなくなる」「肌の保湿力が高まる」「毛穴が目立たなくなる」など、基本的な特徴はどのレシピでも変わりません。コールドプロセス製法の石けんをご使用になったことの無い方はこちらの記事のご一読をおすすめします。

・bloom green 約70g 1,500円:洗顔◎・ボディー△・シャンプー◯

マカダミアナッツオイル65%の石けん。比較的硬めの仕上がりの夏季レシピは今年最後の販売になります。気温の高い季節は硬めの仕上がりの石けんのほうが使用感が優しくなりますので、秋までは85%タイプと殆ど変わらない使用感でご使用になれます。最高気温が20℃を切ってくると85%よりもややさっぱりなのが感じられるかもしれません。マカダミアナッツオイルの石けんはすべるような感触の泡立ち。石けんそのものも水にさらすとつるっと、手からすり抜けたりします。
ライムの香りにハーブ系、樹木系のブレンドで、淡いグリーンを感じる香りになりました。
マカダミアナッツオイルの石けんへの商品レビューは↓

candy crush(マカダミアナッツオイル+マカダミアナッツバター67%レシピ)へのご感想 - pastel-carré’s diary 

お客様から寄せられたご感想[6]_マカダミアナッツオイル85%レシピの石けん - pastel-carré’s diary

・avocado latte 約80g 1,500円:洗顔◎・ボディー△・シャンプー◎

アバター使用の夏季レシピが想定よりも硬めの仕上がりだったので、今回はキャスターオイルとホホバオイルを加え、よりふんわりとした泡立ちに仕上げました。前回よりも柔らかめで、通常レシピと同じくらいになりました。アボカドオイルの石けんはきめの細かい優しい泡質で、洗顔後の肌に手が吸い付くしっとり感があり、夏でも冷房などの影響で乾燥が気になるお肌に特におすすめです。
レモングラスにハーブ系を合わせた爽やかで優しい香り。
*アボカドオイルの石けんへの商品レビューはこちら→アボカドオイルベースの石けんへのご感想 - pastel-carré’s diary

・pastel cube 約80g 1,250円:洗顔◎・ボディー◎・シャンプー◯

オレイン酸含有率の高い、ハイオレックひまわり油がベースのスタンダードレシピの石けん。色部分はオリーブオイルベースでホホバオイルを加えた石けんです。コールドプロセスの石けんとしては比較的硬さがありますが、オレイン酸含有率の高いシアバターココアバターを配合した保湿力の高いレシピです。(ココナッツオイルやパームオイルだけで石けんの硬さを調整するとさっぱりとした石けんになります)
ラベンダーやゼラニウムの優しいフローラルの香りを、オレンジの葉部分より抽出されるプチグレンできりっと引き締めました。最近、このプチグレンの香りが気に入ってよく使っています。
*スタンダードレシピの石けんへの商品レビューはこちら→お客様から寄せられたご感想[4]_各種standard resipesの石けん_手作り石鹸販売ネットショップ artist made soap PASTEL CARRE - pastel-carré’s diary

・rain drops 約80g 1,200円:洗顔◎・ボディー◎・シャンプー◯

オリーブオイルベースのスタンダードレシピの石けん。モンモリロナイト・クレイ配合のブルークレイ石けんはとても人気があります。クレイの配合量には限界があるので、特別さっぱりタイプではありませんが、若干のしゃりっとした感触と、とろんとした泡質が気持ちの良い石けんです。ベイローレル精油をメインにブレンドした爽快感のある香りもご好評いただいています。
ベイローレル精油が入手できなくなったため、残念ながら今回が最終販売になります。
*スタンダードレシピの石けんへの商品レビューはこちら→お客様から寄せられたご感想[4]_各種standard resipesの石けん_手作り石鹸販売ネットショップ artist made soap PASTEL CARRE - pastel-carré’s diary

・販売中の石けん
cryons,cube sugar,mint and rose,herbal clay soap
詳細は前回のブログ記事をご参考下さい。
http://pastel-carre.hatenablog.com/entry/2017/06/26/201016

販売中の石けんと新作石けんをさっぱり→しっとりの使用感順に並べると以下になります。
crayons,rain drops,herbal clay soap,pastel cube >cube sugar, mint and rose, bloom green >avocado latte

[泡立ちの質感などの特徴について]
・もっちりとした弾力のある泡立ち
mint and rose,cube sugar,bloom green
・ふんわりとした優しい泡立ち
avocado latte
・比較的硬めで泡立ちが良い
crayons,herbal clay soap,pastel cube,rain drops
・シャンプーにもおすすめの石けん
avocado latte,bloom green,cube sugar,mint and rose
”さっぱりするのにしっとりする”コールドプロセスの石けんは原料オイルそのものの良さが最大限に引き出された美容オイルの塊のような石けんです。基本的には肌質を選びませんので上記は微妙な違いになります。
オイルの性質が肌に浸透しやすい石けんは濃厚な泡立ちで比較的角質除去に向く傾向があり、さらっとした質感のオイルはふんわりとした泡質で優しい使用感になる傾向があります。
同じレシピでも、泡立てネットに含ませる水分の量で微調整ができます。水分を多く含ませるとマイルドになり、水分をしっかりと切るとさっぱりとした使用感になります。

[石けんの保存について]
夏季は石けんが汗をかくことがあります。発送時のラッピング紙が水分を含んでシワが出て来たらラッピングを外し、耐油性のある紙(クッキングシートなど)に包み直して下さい。
常温保存のほうが熟成が進み、徐々に硬さや泡立ちが増しますが、冷蔵庫で保管する場合はタッパーなどの密閉容器に入れて下さい。乾燥が進み崩れやすくなる場合がありますので長期間(3ヶ月以上)の保管は避けるようお願いします。
冷蔵庫から出すと表面が結露します。水分を拭き取り、数時間置いてからご使用下さい。
天然精油のみ使用の石けん、植物色素による発色の石けんは半年以内でご使用下さい。販売開始月より2年くらいまでは酸化による変質はありませんが、香りの揮発や退色が進みます。

[石けんシャンプーについて]

安全で、髪を根本から健康にする石けんシャンプー、抵抗のある方が多いかと思いますが、皮脂の分泌が多くなる夏は石けんシャンプーへの切り替えに最適です。
トリートメントなどのヘアケア用品を使ってダメージを修復し続けることで髪の内部が弱ってしまうことがあります。やさしくかつしっかりと汚れを落とす良質な石けんで洗髪すると、子供の頃の髪質を取り戻すことが可能です。頭皮の皮脂の分泌が健全になると、新しく生えてくる髪はもちろん、髪全体にも艶が出てきます。どんなヘアケア製品よりも、自分の頭皮から分泌される油分が一番です。
石けんシャンプーについてはこちらの記事をご参考下さい。

 

手作り石鹸でシャンプーする - pastel-carré’s diary

*新作石けんの販売予定や概要はメルマガでも通知しています。メールアドレスのみで登録できますのでお気軽にどうぞ。新作販売のお知らせのみ、月一回程度の発刊です。https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01070686