読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きれいなお肌のためのスキンケアランキング

スキンケア


肌質そのものを変えることなんかできない。
例えば小雪さんのような美人になれないのと同じ、
小雪さんみたいな真っ白でシミ一つなさそうな透明感のある肌になりたい、
それは無理。


だから、自分に似合う服やお化粧をして美しくなろうとするのと同じ、
出来る限り自分の肌のベストな状態でいたい、そのためのスキンケア。


私は何故か物心ついた頃から顔を洗うのが好きだった。
とにかくお風呂が好きなんです。
そのせいか、生まれつきの肌質かどうかはわからないけど、にきびなんて殆ど出来たことがない。
いつだってつるつる、色白で、「肌がきれいだね」ってよく言われた。昔は!!!


今は若い頃よりちょっとくすんできた肌、まあ、ぎりぎり色白、
ソバカス(←シミって言いなさい!)なんてもう、いっぱい。
しょうがないさ、40過ぎてるんだもの。
ただ、小じわなるものが未だ無いのがうれしい。
そして昔はいやだった童顔のおかげで10歳年齢サバ読んでも、
まあ、通用しちゃう。
スルドイ人にはばれるけどね。5歳くらいなら大丈夫。
なあんて、何自慢してんだか・・・・


自分の肌をベストに保つ優先順位を考えてみた。


1.精神状態
心がボロボロだった頃、私の肌は全身ボロボロだった。
わけのわからない失神が顔以外の全身にできて、眠れないほど痒かった。
皮膚科に行った時、
「この痒みはもう何ヶ月かになるんですけど、ストレスたまってイライラしてる時ほどもの凄く痒いんですよ。精神的なものがかなり影響するんですかね?肌って。」と言うと、
「それは鋭いですね!肌は全部精神的な問題ですよ。アトピーだってそう、皮膚科の出す薬なんてみんなどこも同じ、わざわざ遠くから来てもらっても同じなんですけどね。」なんたらかんたら、、、、演説が始まってしまった。。。
そういうことで、やっぱ気持ちが元気だと肌の調子っていいもんだ。


2.食べ物
これは当然だけど。精神状態を一位にしたのは、心がすさんでると食べるのがめんどくさくなったり、ジャンクフードばっか食べたり、食生活が狂うものなので。


3.毎日のお風呂と洗顔
血行がよくないことにはどうにもならない。ビタミンやらなんやらも栄養に回ってくれない。
そして、人の皮脂は24時間で酸化するそうで。酸化した皮脂の上に何を載せても無理。


4.なるべくお化粧をすること・必ず化粧はきれいに落とすこと
これは意外かもしれないけど、毎日のように化粧しているほうが肌の調子がいい。
すっぴんの習慣がついて久しぶりに化粧したりすると、何故か化粧のりが悪い。
なんでだろ?って考えてみた。
毎日鏡で自分の顔に向き合って、きれいにお化粧して、美しくありたいという、その気持ち、これがかなり美肌に影響する、っていうか、顔立ちにも影響しちゃう。すっぴんでいるとどんどんブスになっていく。いや、ほんとなんだって!
そして、自分の皮脂の酸化より、化学物質の酸化のほうが被害が大きいはずなので、しっかりクレンジング、ですね。
(ちなみに手作りせっけんは簡単なメイクなら洗うだけで十分落とせます。マスカラやしっかり引いたアイラインは油分のあるもので溶かしてティッシュでやさしく拭き取っておきましょう。私はハーブに漬け込んだエキストラヴァージンオリーブオイルを使っています。)


5.自分の肌に合う基礎化粧品。
値段の高いものはやはりすごい。
私が使った一番高価な美容液は三井コスメティクスのハーブインコンクというもの。
30ミリくらいかな?ちっちゃなビンで、一万円くらいだったはず。
一滴でするっとのびて、ハーブの自然ないい香り、つるっとしてべたつかない。
まあ、ソバカス(だからシミだって)は消えませんでしたけどね。
最近の私はそんな贅沢はできないので、基礎化粧品は手作りです。
いいものを惜しげにちょっとずつ使うより、自作の安全なものをたっぷり、このほうが気分がいいものです。
私のレシピは簡単なものばかりなので、随時紹介していきますね。


私の独断ランキングですが、参考にしていただければうれしいかぎりです☆


**そして、洗顔するならパステル・カレの石鹸を使いましょう**
http://pastel-carre.shop-pro.jp/