せっけんおたくの道程:詳細

前にも書きましたが、とにかく洗顔大好き、ってことで。
化粧雑貨店やドラッグストアで様々試していた時期があります。
直感的にジェル状のものやクリーム状のものは怪しいと感じていたので固形石鹸ばかりです。


イオナ、ニュートロジーナ、
このへんは優しい感じで。
こんなんで汚れ落ちるのかなー?と思わなくも無い。


名前は忘れたんですが、酵素が入っているという、粉末の石鹸、
これは毛穴の中までつるつるになるような清々しさがありました。
でも、かなりつっぱるんで、毎朝毎晩にはきついかなー、という感じ。


自然食品店で見つけたアレッポの石鹸、これは有名ですよね。

オリーブオイルそのもの!すごい存在感!
わりとカルチャーショック的な使用感。
あまりぶくぶく泡がたたない。
でも、洗い上がりがつるっと一膜オイルが乗っているいい感じ。
ただ、大きすぎて使いにくい・・・・
包丁で切れるような代物ではない・・・硬い!!!
体を洗うには気持ちがいいけれど、
洗顔にはやっぱりすごく肌がつっぱる。


やはり自然食品店で次に買ったのがカザブ石鹸というものです。

これにはちょっとはまってリピートしましたね。
ローレルオイルが入っているというのですが、未だかつてそのようなオイルは聞いた事がありません。
ローリエをオイルに漬け込んだってことかもしれません。
つっぱらないし、簡単なメイクくらいは落とすし、なんともいえないいい香り。
「コールドプロセス」で作られているということで、これは私の作りかたと同じです。
低温で作るのでオイルが酸化しない、いい状態で石鹸になります。
このころ、せっけんが手作り出きるということを知って、
「目指すはカザブ石鹸!!」
と思ってましたが。
ふっふっふ・・・・私の勝ち!!
既製品は鹸化率100%という壁を越えることはできないのです。


これはつまり、
手作りせっけんでは使ったオイルの90%程度を完全に石鹸に化学反応させて、
残りのオイル10%をそのままわざと石鹸にしないでおくのです。
このせいで溶け崩れやすいとい欠点があるのですが、
洗顔の後に良質なオイルが肌にうっすらと残ります。
それで洗顔の後、特に夏場は化粧水をつけるのを忘れるくらいしっとりするんです。


次に、前田京子さんという手作りせっけんの教祖のような方のレシピで太陽油脂が出したマルセイユ石鹸というのがあります。

これはさすが!ってかんじ、いいです。
値段も安い。
ただ、毎日毎日真っ白なかざりっけの無い石鹸を使う、というのがなんだかつまらないよなー、と、おたくの私は思います。


サボン・ド・ピータンという高級石鹸があります。

12000円です!!
ハーフサイズの6000円のを一度だけ買いました。
つるつるです・・・・すごいです・・・・・
ほんとうに化粧水なんていらないかんじです、冬でも・・・・・
お金持ちになったら使いたいと思います。
ただ、見た目がかわいくないのが難ですね。。。
ピータンって・・・・そのまんまやん!!!


強敵の出現、ロクシタン

これは私、まだ未経験です。
そこらへんで売ってないので。
一度、容器の美しさに心を奪われ、ロクシタンのヴァーベナボディーミルクを買っちゃいました。体に使うなんてもったいない、顔につけてもすべすべになる。
香りも柑橘系の上品なもので、とても気持ちよかった。
こうなると石鹸にもがぜん期待しちゃうところで。
でもね、ロクシタンのシリーズは石鹸以外はけっこうなお値段。
石鹸だけネットで買うなんて送料がかかってバカみたい。。。。

こういう理由もあってPASTEL CAREEは送料とらないことにしました。
一ヶ月は持ちますからね。
買いだめする必要も無い。
同品質かそれ以上の商品を、色合いや香りなどを変えてどんどん作っていくので。
まあ、これは私が同じのばかり作るのは飽きちゃうからなんですが。


後学の為に一度買おう、ロクシタン・・・・・
既製品には鹸化率の壁があるとはいえ、あの香りのセンスは学ぶべきものがある。
打倒ロクシタン!!


しつこいようですが
PASTEL CAREEのせっけんは鹸化率90%
オリーブオイルの他にも、たくさんの高級オイルがたっぷりです☆
一度お試しを☆☆
http://pastel-carre.shop-pro.jp/