読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

innocent全身使いしてみました。


これ、今月の新作でかなり気合の入った石けんなもんで、思いっきり使ってみました。
以下、自画自賛になりますが、あくまでわたくし個人の感想であります。


フランキンセンスの香りはもともと好きで、でも、なーーんか石けんのイメージが無いので今まで使っていなかった精油
とあるお客様からのリクエストがあったので、
それならば、と、購入したフランキンセンス
ただ、香りにあまり特徴がなくなんともほのかなので、高価なこの精油をどばっと使うにはそれなりの組み合わせをしないと・・・・。


よく使われるのが、ベンゾインやミルラとのブレンド。
これだと、甘ったるくなるのであまり私の好みではないのね。
あと、前田京子さんのレシピにレモン、ローズマリーとのブレンドレシプがあるんだけど・・・・・そんな香りの強いオイルの引き立て役なんてもったいなくって・・・・・・。


で、なんとなくスピリチュアルな雰囲気の香りなので、シダーウッド、サンダルウッドは間違いないだろう、が、サンダルウッドは高すぎるってば。。。。
それに、全部瞑想系ってのもなんだか辛気臭くなりそうで・・・???


セージよ、セージ!フローラルでは一番上品。
クラリセージ、この不可思議な香りで引き締める。
で、決定。
フランキンセンス、シダーウッド、クラリセージ、セージの4種。


どうしても真っ白い石けんにしたかったので、精製オリーブオイル、精製シアバター、これだけだと粘りの全く無いさらっとした石けんになるので、使用感はともかく、冬場は石けんがブルームしやすい、でも、純白は譲れない・・・・ので、キャスターオイルを入れる。
こんくらいなら柔らかくなりすぎないだろう、という、バランス、は、ただの経験による勘で、根拠は無い、けど、まあ、成功だろう、という仕上がりになりました。




で、新作はいつも切れ端で試すんだけど、これはどーしても一個自分用に下ろしてしまいました!
だって、なんとも言えない香りが・・・・・・。
しかも、淡い香り、これ、思いっきり使ってみたい!という誘惑に負けました・・・・・。


洗顔には最高のオイルバランスですね。
しっかりとした固い泡立ち。
香りが、、、、これ、私、好きだわー!!
で、全身使いしてみた!


ココナッツ、パーム抜きのレシピですから、やっぱ泡立ち悪いので髪や体を洗うのは泡立でが面倒ですね。洗い上がりのツルツル感は半端ない。
とにかく、全身にこの香りはたまらない・・・・・。
シャンプーバーも作ろうかな・・・・・・。


テラだ。と、思った。
寺・・・んーーー、でも日本の寺院じゃなくて、インドでもなくて、中東でも無くて、欧米人が感じるオリエンタルってこんな感じだろうか・・・?
キリスト、という単語も浮かぶ。
映画「ベルリン天使の詩」のモノクロ画面を連想する。
なんか、
「祈り」っていう感じ・・・・。
(大袈裟な事書いていますがあくまでもわたくし個人の感想ですのでお許しを!)



ただ・・・・・・・・・・・・



セージがちょっと強かったかなーーーー。
次回はセージを控えめ、フランキンセンスを少し多めにブレンドしよう。
↑この人、すごく大雑把なので、前田本みたいに、〇〇滴、とかやりません。5mlの計量スプーンに、「なみなみ」「ちょうど」「半分」「ちょっと」で1杯とか2杯とか3杯とか、でやります。
だって、88滴、とか、数える人いるの????いるのか・・・・・・すみません。。。。。。



というわけで。
とってもイノセントな石けんでした!
私は満足です!



::::::::::::::::


本日、どくだみと日本酒の石けんご愛用のお客様より、感想のありがたいメールを頂きましたのでご紹介致します。


京都府 K様より
どくだみと日本酒の石鹸はほんとうに肌が白くなりますね^^
家族で使っています。
渡辺さまのコラムにあったように、ぬるま湯でこれでもかってくらいに注ぐと
なお一層肌が輝いてきました。
すすぎが肝心なのですね。
これからもよろしくお願いいたします。


ありがとうございます。
こちらこそどうぞどうぞよろしくお願い致します^^


丁寧に洗顔するとくすみが消えて肌のキメが整うので、色が白くなったように感じます。自分の自己ベスト肌を引き出して頂きたいと思っています。




それでは、また、長くなってしまいましたが読んでくださってありがとうございます。