読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月の新作石けんの詳細[2月21日発刊メルマガより]

*2月の石けんは4種類、25日からの販売です。

f:id:pastel-caree:20170221192150j:plain

・fruity rose 約75g 1,500円:洗顔◎・ボディー△・シャンプー○

マカダミアナッツオイル85%使用のレシピ。
きめが細かく滑らかな泡の感触が心地よい石けんです。シアバターだけで硬さを出しているので、ココナッツオイル、パームオイル配合のレシピよりも低刺激になります。肌と石けんの泡の境目にひと膜あるような、低刺激を実感できる使用感です。
今回はローズの香りにオレンジ系の精油をブレンドしています。ローズの香りの背後にほんのりとフルーティーな甘さが感じられ、可愛らしいデザインとマッチしています。
*同レシピの石けんの商品レビューはこちら→お客様から寄せられたご感想[6]_マカダミアナッツオイル85%レシピの石けん - pastel-carré’s diary

・custard with orange 約75g 1,430円:洗顔◎・ボディー△・シャンプー△

スイートアーモンドオイル80%と、カロチーノプレミアムオイル(レッドパームオイル)、シアバターで作った石けんです。スイートアーモンドオイルをたっぷりと使った石けんは肌のキメを整える効果が非常に高く、つるつるっとした洗い上がりが特徴です。泡立ちもきめ細かくみっしりとしたクリーム状の泡立ちです。
今回は鹸化率を2%下げて余剰オイルを多めにしています。このレシピは特に余剰オイルが多めのほうが使用感が良くなります。
シトラス系に少しスパイシーさを加えたフレッシュな香りです。
*同レシピの石けんの商品レビューはこちら→お客様から寄せられたご感想[5]_スイートアーモンドオイル85%レシピの石けん - pastel-carré’s diary

・avocado latte 約80g 1,500円:洗顔◎・ボディー△・シャンプー◎

アボカドオイルの石けんは洗顔後の肌に手が吸い付くしっとり感があり、乾燥しがちな季節に特におすすめです。とても泡立ちが良く、ふんわりもこもことしたたっぷりの泡が立ちます。
シャンプーに使用すると、ふんわりとした仕上がりになり、さらに髪に艶も出るようです。
爽快感のあるローズマリーユーカリレモングラスなどをブレンドしたシャープな香り。

*石けんシャンプーについてのご感想はこちら→お客様から寄せられたご感想[2]_石けんシャンプーについてのご感想 - pastel-carré’s diary

milky way 約100g 1,000円:洗顔◎・ボディー◎・シャンプー◎

ホホバオイル配合のマルセイユ石けん、今回は薄紫マーブルとカレンデュラハーブを合わせたmilky wayです。フランキンセンス精油ローズマリーなどをブレンドした静寂を感じる香り。乾燥する冬の季節は、洗顔やシャンプーにはもちろんボディー用としてもおすすめです。コールドプロセスの石けんで体を洗うと、良質な温泉に入ったようにお肌がすべすべになります。すべすべ感は翌日になってもしっかりと持続するので、ボディーローションなどでのケアが殆ど必要なくなります。

*同レシピの石けんの商品レビューはこちら↓

milky way(ホホバオイル配合マルセイユ石けん)へのご感想 - pastel-carré’s diary

rose au lait(ホホバオイル配合マルセイユ石けん)へのご感想 - pastel-carré’s diary

・販売中の石けん
nuts and herbs,zen,sunrise,green teaは引き続き販売中です。詳細は12月、1月分のメルマガ記事をご参考下さい。

石けんは、作りたてであることに特にメリットはありません。コールドプロセス製法の石けんは保管中も熟成が進むため、2ヶ月ほど経過するとpH値が熟成直後の9~8から7程度に下がります。肌当たりがより柔らかくなり、水分が抜けて硬さも増していきます。
コールドプロセスの石けんの使用期限は2年前後です。半年ほど経過すると表面から徐々に香りが淡くなっていきます(精油の種類などにより差があります)ので、半年分くらいまでのまとめ買いがおすすめです。
昨年の夏頃より、香りが抜けにくいように保管状態を改善しておりますので、以前よりも香りの持ちが良くなっています。

*微妙な違いになりますが、ご参考までに販売中の石けんと25日販売の石けんを さっぱり→しっとり に並べると、
milky way,zen < custard with orange < sunrise,green tea < fruity rose < avoocado latte < nuts and herbs